2007年05月28日

総合芸術の時間

yuka_ohtani.jpg

5月25日(金)
仕事を終え、恵比寿のLaVへ。友達のMarさんが撮った写真展「Air Panda」が開かれてて、またおなじみのHOTWIRED(今はWIRED VISONですね)の面子や新しい方々と交流。ネット業界で活躍している方々だったので、IT業界の現状や将来のあり方について語る。今のIT業界って3K現場で、僕らの次の世代はだんだんと敬遠している現状をどう打開するのか。待遇、環境の改善が必要だと意見が一致。76世代と言われている世代(30前後)が、若者とおじ様のパイプ役になってうまく血流を流していかなくては、そのような改善は見られないのではないかと。次の世代を育てることがとても大事かと。

歩いて帰る時に、とある交差点で事故を目撃してしまった。後ろで急ブレーキ音と人の悲鳴が上がって振り返った瞬間、タクシーが自転車に突っ込んでた。幸い自転車を乗っていた男性は、すぐに立ち上がったので致命的な怪我などはなかったようです。でも生まれて初めて事故の瞬間を見てしまったショックはちと大きいです。

5月26日(土)
休日出勤。ネットワーク配線などを辿る作業をもくもくとやる。それと社用車を洗車しに行く。夕方、早めに仕事を終わらせて六本木へ。友人で画家の大谷有花さんの個展がGallaryMOMOで開催されていて、行ってみる。2年ぶりに大谷さんと再会。近況話や僕の母校話(彼女のお父様が僕の母校で先生をしている)、進化した彼女の作品の話などをしたりして楽しい時間を過ごした。今所属している会社でもオフィスの壁などに絵画などが飾られているので、彼女の作品もぜひ!と社長に推薦してみようw

はじごでAXISギャラリーへ。現在開催されている「Exit to Safety -デザインにできること展」を見に行ってみました。都市型地震に対するデザイナーさんたちのアプローチがわかる展示になってました。その中でも気になった作品は、渡瀬聡志さんの「レジ袋」と久川尚太さんの「災害時に役立つレシート」です。どちらもコンビニやスーパーという日常生活で関わる場所で受け取るアイテムの余白に防災情報(最寄の避難場所や防災知識)を記載するというものです。これはぜひ全国の流通で行っていただけると恩地が受けられる人は多数いるのではないかと思いました。会場でキュレータの方や会場スタッフボランティアの学生さんたちとお話をしました。ボーイスカウトの活動などを話して、その中から応用できること(ロープ結びや火起こしなど)がたくさんあると思うことを提案。とても好印象を持っていただいたようです。

5月27日(日)
朝起きていつも購読しているメルマガからの情報で、表参道のNADiffで詩人の松井茂さんの個展「Aesthetics(6首) 松井茂 短歌作品」の中のイベント「小説ショパンを聴いて戦争へ行こう!@NADiff」というライブ&トークイベントを開催しているということで行ってみる。ライブってことなので演奏しているかと思ったら、コンピュータからの自動演奏をしてました。併設しているカフェでまったりとお話をしてた松井さんにご挨拶。同席していたIAMAS(情報科学芸術大学院大学)教授でアーティストの三輪眞弘さんとライターの藤田さんとご一緒にまったりと話し込む。話の話題は「写真、映画、演劇、詩、文学、絵画、などなど」が別れていることがおかしく、総合芸術として扱わなくてはならない時期に来ている、と。

3時から松井茂さん、中ザワヒデキさん、建畠哲(詩人)さんの3名によるトークショウが開かれました。まずは松井さんの今回の詩の解説から入って、他2名がそれを元に松井さんの詩の構造を解析して語ってくれました。松井さんに対岸にある、コンクリートポエムが紹介されてました。コンクリートポエムで有名な詩人、故新国誠一氏についても深く語られました。少し長丁場でしたが、最後のほうはぶっ飛びっぱなしだったので眠気も忘れて話に聞き入ってました。

NADiff本店がビルの取り壊しのため、今月一杯で閉店するということで美術書がたくさん半額セールをやってました。僕は2005年に開かれた横浜トリエンナーレの公式本と小物な本を2冊買いました。NADiffのサポーターズカードっていうのが、無料では入れて割引もあるので作る。このカードには村上隆氏のイラストがかかれていて、大変貴重なものとなっているようです

渋谷のハンズへ。ねじとワッシャ、スペンサーを買って、すぐに渋谷を後にする。

三軒茶屋へ。TSUTAYAで「d long life design」と「月刊アスキー」を買う。今回の月刊アスキーは、おまけで日本でのキーパーソンのDVD付きです。6人にインタビューしているのですが、僕はその中でも西和彦(ASCII創業者)さんの話が一番面白かった。貧乏な人でも金持ちでも「24時間」という制約はいっしょだ、と。その中でいかにして時間を自分自身でコントロールするかを求められる時代になると語ってました。他にもたくさんためになるお話があったので、IT関係の人はMustBuyだと思います。

皆さん、とてもぶっ飛んでました。あ、僕もかw
そんな週末でした。

posted by ringo134 at 23:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月23日

先週末の動きのまとめ

tuna.jpg

5月18日(金)
仕事を終え、すぐに青山一丁目に向かう。東京めたりっく通信時代にお世話になった方のお誘いで「ユビキタス未来協会」の会合へ。 15名程の会合。元上司にも再会。会の総会後、総務省の方のプレゼンを拝聴する。「ブロードバンドの普及要因とその政策的含意に関する研究」 という題名で、世界各国でのブロードバンドがどのように普及したのかをまとめ分析した研究結果の発表を聞きました。意外だったのは、 ITUが規定しているブロードバンドの帯域が256Kbpsだということ。単純にブローバンドという言葉では、 日本と他の国を比較するのは難しい。その後、皆さんとアジア料理のお店で飲み、大いに裏の裏の話をする。めっちゃおもしろかった。

青山一丁目から六本木へ。Super-Deluxで開かれていた「stop rokkasho一周年記念イベント」へ。 もう終わりに近い感じであった。僕が行った時はGLAYのSUGIZOさんと谷口テトラさんと女性の方が、いろいろと語っていた。が、 どうも話が飛び飛びで、だからなに?というのが見えてこなかった。周りの方々は、何かに陶酔ように彼らの話を聞き入ってたが、僕には・・・ であった。その後、SUGIZOさんとテトラさんと女性ボーカルのライブ。これは良かった。ステージ脇に坂本教授がいた。生坂本を初めて、 それだけでも満足wライブ後、〆に飯野ケンジさんが出てきて話してた。飯野さんかなりやせていたので、はじめ誰か分からなかった^^; 伊藤譲一さんとダチなので、彼もやせたからその影響かしらw終了後、あの桑原茂一さんがDJブースにいらっしゃったので、 挨拶して握手してもらった!!!すげー、超感動です! しかも会場の外にでたら、 元HOTWIREDでBlogを書かれていたスタイリストの高橋靖子さんがおられて、速攻挨拶した。すごくオーラのある方でした。すげー。
で、帰宅。

5月19日(土)
休日出勤。サーバにメモリを増量作業。
そのまま地元へ。平塚駅南口にある「Ciel」でいつもの美容師さんに髪を切っていただく。ばっさりと。
大学時代の地元の友人と食事へ。ボーイスカウトの同級生の弟がやっている「くるり」というお好み焼き屋さんへ。 もう店が開店してしばらくたったのですが、はじめて入店^^;とてもおいしいお好み焼きをいただきました。
バスで実家に帰宅。

5月20日(日)
朝6時、師匠のお出迎えで平塚漁港へ。 2ヶ月に一度開かれている朝市へ。すごい人、人、人。7時に販売開始と同時に、さらにヒートアップ。からすみが売っていたり、 カツオが半身1500円で売られていたり、マグロ一本の重量当てクイズなどが行われた。僕はアジの開き5枚、シシャモ、イカの塩辛を買う。 でも地元の漁師さんたちは、何も買わなかったようだ。。。それって・・・w

母校の小学校で、ボーイスカウトがこども大会のお手伝いをしているということで、顔を出しに行く。今年も大縄跳びで1ブース任されていた。 まだ大会は開始されないので、来月のキャンプのミーティングや就職したことなどを報告する。こども大会の開始には、 母校の中学校の吹奏楽部が演奏。この吹奏楽部、全国大会にでるほどの腕前、すげー。 またたまたま声をかけたボランティアで参加していた中学校の女子が去年、僕と同じ平塚市青少年海外派遣団員だったことが判明。 OBOG会のヒコーキ雲の会のことなどを話す。世界は狭い。

自宅に帰って、師匠とお話。親父も加わり、師匠の昔話に花が咲く。 師匠からノートPC+ADSLの導入を親父に強く勧めてもらうwお腹が空いたので、近所のジョナサンで師匠とブランチ。 その後師匠とヤマダ電機へ。
師匠と別れ、一度実家>横浜へ。平塚市青少年派遣団の同期のジェーンと会う。ゆったりしたいところで話したいということで、 横浜ベイシェラトンホテルのラウンジへ。ゆっくり近況などを話し込む。
駅改札で彼は奥さんと合流、久しぶりに奥様へご挨拶。別れて、有楽町経由で帰宅。

充実した週末でした。また今週末もこんなかな。ひひw

posted by ringo134 at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月14日

名刺最安最短Shop

meishishop.jpg

名刺Shop.com
 「早い・安い・キレイな名刺を最短翌日納品いたします。」が合言葉の名刺shop.comは、 ネットから注文できる最安最短で納品してくれるネットの名刺屋さんです。
 最近人に会うことが多いので、名前、肩書、メールアドレス、携帯番号、BlogのURLを載せた個人名刺を作成して見ました。 名刺shop.comさんは、イラストレータのデータを入稿することで当日5時(平日)までに入稿すると、明日には家に届けてくれます。 名刺の紙も4種類から選ぶことができます。僕は片面カラー(CMYK)で「100枚、840円」というもので注文しました。 代引手数料や配送料が取られますが、調べた中では最安です。上にある写真の左が僕の個人名刺、右が後輩に頼まれて作成した名刺です。
 趣味の皆さんに配る個人名刺などもいいのですが、急に必要になったイベントの告知カードなどにも使えそうです。お薦めです!

posted by ringo134 at 22:19 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月09日

リーマン復活3日目雑感

20070428(071).jpg
リーマンに戻りまして、今日で3日目。
雑感ですが、非常にやりやすい環境だと感じております。
もうすでに職場に慣れつつあります。

昨日は2日目にしていきなり社内ネットワーク一部ダウンが発生。即時対応しました。原因はただとあるスイッチングハブの電源が抜けていただけという初歩的な問題発生してました。今までシステム担当が居ないところに入っただけに、まだまだいろいろとやること満載のようです。

ここ1ヶ月は全体のシステムや社員の方の仕事内容及び情報の流れの把握に努めていこうと思ってます。何がどこで発生し、誰が処理をしているのかということですね。

スロースタートではじめ、徐々に社員の皆さんの環境を改善し、攻めのシステム構築を目指していこうと思っております。

ご心配を頂いている方々への報告でした。
僕は元気です。

追記:
昨晩NHKのプロフェッショナル仕事の流儀で、エルピーダメモリ株式会社社長の坂本幸雄さんがご出演されてました。経営者とは、「思想、センス、行動力、決断力、思いやり」がとても大切な仕事なんだと思いました。
「仕事をきちんとこなすだけでなく、プラスアルファを考えられること。自分流の何かを乗っけて、その仕事を完成させていくということができる人がプロフェッショナルなんじゃないでしょうか」と。
僕もそういうプロフェッショナルでありたいと強く思いました。
また坂本さんは僕が目指すべき経営者の一人です。

■参考サイト
茂木健一郎 プロフェッショナル日記: そのような「インテグリティ」があって


posted by ringo134 at 06:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月05日

コーヒー+紙コップ-広告=0円

mediacafe.jpg

メディアカフェ

  GW後半戦、いい天気も昨日まで見たいですね。いかがお過ごしでしょうか?どうも、日焼けで鼻が赤いringo134です。 今日ご紹介する「メディアカフェ」は、 紙コップに広告をつけることでコーヒーなどの飲み物が無料で飲める自動販売機のサービスが始まるというニュースです。


メディアカフェは、飲料カップに印刷した広告と、自販機のタッチパネル式液晶モニターに表示するCMで広告収入を確保し、 飲み物の販売価格に還元する。広告主の要望に応じ、0円で飲み物を提供する「無料タイプ」と、飲み物の定価から広告収入分を割引きする 「有料タイプ」の2種類を提供する。
NikkeiBPnetより

 飲むためには、紙コップやコーヒーなどをサーブするマシンからの広告を消費するだけ。すごく簡単。 この「メディアカフェ」は単純にとても人気でてきそうです。

 この「メディアカフェ」のようなサービスのアイディアは、写真のDPEを無料にするPrieaや無料でコピーができるタダコピと一緒ですね。設置する場所(大学、企業の中、 公共施設などなど)からターゲッティングをして、それに合う広告主を探せば、結構広告は集まり
そうですね。それに設置したいところも多そうです。 
 
紙コップに広告やQRコードを印刷したり、自動販売機自体を広告でラッピングしたり、 コーヒーなどを注ぎ込まれるまでの間の時間を広告映像をみせたり、という広告出稿をするそうです。が、 大きさも結構大きいので表面的なものでなく、逆にデータを取るマシン(POSとか使っていくらでもやっているか^^; )やそのデータを送るためにPHSなどネットワーク接続環境が自動販売機にはあるはずなので、 そこにFONなどの無線LANスポットにしてくれたら、ちょっとコーヒーを飲みながらMTGとか・・・さらにいいかも。
 本質的には、広告収入のみで単価が安く大量に出るものを消費者に消化してもらうようにすることができるサービスですね。 広告というコーヒーを飲んでいるという感覚を消費者に感じさせず浸透させる広告。ある意味怖いですがw

 今回の「メディアカフェ」というサービスは広告代理店業務を行っているウィル・ビー社が始めるそうです。 自動販売機サービスやメンテナンスには、アペックス社が協力するそうです。サービス開始は6月下旬ごろだそうです。今後の展開が楽しみです。さっそく高速道路のSAやPAなどでお目見えするかもかも。

■参考サイト
ウィル・ビー、0円で飲み物を出す広告付きカップ自販機を設置へ(NikkeiBPnet)

posted by ringo134 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | Tech

2007年05月03日

木とデジタル

kidigi_title
木とデジタル

という展覧会でまた南青山のスパイラルホールに行ってきました。

「CRESTデジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術
『デジタルパブリックアートを創出する技術』プロジェクト」
という長い名のプロジェクトの方々(ほぼ東大で岩井俊雄さんもメンバーになっている)が主催しております。

まず入り口すぐにあった「リーフコード」は葉脈に情報を埋め込むという新しいIDシステムの提案作品。 自分の顔写真データを入れた葉っぱが発行されて、 会場のあちこちにある切り株型の端末に葉っぱをのせると自分の写真とともにさらに別の角度からとらえられた写真が追加されていきます。
「木漏れ日のディスプレイ」は液晶フィルムを使って、上からの光を制御する作品。葉っぱの形をした間から光が漏れたり、逆に影になったり、 切り株端末でその葉っぱのパターンを自分で制御することができます。
「Strinoの葉」は葉っぱの茎に加速度センサーがつけられていて、スポイトで吸った水を葉っぱに垂らすと揺れ、 その揺れが茎に付けられた加速度センサーに伝わり、加速度によって音の大きさを変化させてました。10ほどの鉢が用意されていて、 それぞれが違う音階になっていて、来場者同士のコラボなどができるようになってます。
「ログログ」は、重力の変化を川の流れに例えたCGに映し出す作品。作品の中央には丸太の平均台があり、そこに人が乗ることで、 両端にある圧力センサーが人の動きをデジタルの川にプロットしていく。
「まばたきの葉」は鈴木康広さんの代表作に似てる・・・。大きな煙突を持つ作品のふもとに目(今回は葉っぱ)をいれる口があり、 そこにいれることで風が下から上に勢いよく吹かれており、下の口からいれた葉っぱは上からのばらまかれる。 子供などは下に堆積された葉っぱの海で遊んだりしていたw僕はその葉っぱをかき集めできるだけ沢山口に詰め込んでw大量の葉っぱをを会場に撒き散らしてましたw

全体的に研究室の発表の場という感じで、 もう一捻りあったら楽しい作品になっただろうと思う物ばかりでした。「木とデジタル」という名から感じるものが中途半端な感じが残念でした。でも会場では研究室の学生さんが来場者に丁寧に説明している姿が頼もしかったです。
次回を期待してます>プロジェクトの方々

posted by ringo134 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Art

2007年05月01日

GW前半行動記

GW前半
なんだかんだでGWはいろいろと動いております。

4月28日(土)
大学時代の生協学生委員会の仲間(へび〜ずHeavy'sと呼称される団体。全員何かしらのエンジニア)4名+古い馴染1名=計5名で昼から、新宿の「ざうお」という居酒屋で飲み会。「さうお」は、店の中に大きなイケスがあり、その中にお客の席がある。 船の上で飲みです。イケスには、アジやタイ、イシダイなどがいて、竿とえさを買い自分たちで釣ることができる。釣り上げた魚は、 刺身や塩焼き、煮込みなどに調理してくれる。僕はお高いタイを釣り上げてしまった。昼から飲むのって最高です。

その後、都庁展望室へ。 天気が悪かったので、遠くまで見ることができなかった。GWなので混雑。中国からの観光客が大半。 フロア中央にあるグッツ売り場で盛り上がる。みんくるやモッチッチに会う。

次に、歩いて初台のオペラシティーへ。NTTICCがまた今年も「オープンスペース2007」 が始まったので、見に行く。気になった作品は、江渡浩一郎さんの「モジュローブ」 、平川紀道さんの「DriftNet」 、無響室。 無料室って落ち着きます。無料なのでまたゆっくり行こうと思います。オペラシティのgallery5で雑誌デイ・ ロングライフデザインVol.14を買って、ちょっと休憩のためお茶して次へ。

新宿駅を経由して、新大久保のバッティングセンターへ。70kmの初心者モードで僕以外みんな挑戦。2名が帰って、残りで「世界の山ちゃん」という手羽先のうまい居酒屋へ。 手羽先大盛りで1人前399円。うまい。久しぶりに盛り上がった。12時間もいっしょに行動したのね。

4月29日(日)
下北沢のAddCafeへ。ExciteCafeの指定店で、 無料で無線LANが使える。また設置されているPCも利用可能。僕は自分のPCを持ち込んでネットを散策しながら先方を待つ。が、先方の前MTGが長くなり、 僕とのMTGはNGに。残念、後日リベンジ。
帰りに渋谷のブックファーストに寄って立ち読み。
夜中友人の日記に刺激され、安ワインをコンビニに買いに行く。

4月30日(月)
とあるCafeでブランチオフ会。大学時代の後輩K君、Kの友達B君、Kの後輩Iさん。4人でエンジニア話で超盛り上がる。 やっぱりエンジニア同士で話をするのは最高!なんとIさんはこのBlogの中の人。 すげーwこれからも使い続けますのでよろしくお願いします。
■メモ
・ MySQLって鯖がしっかりしていれば、1億レコード突っ込んでも平気らしい。すげー。
・mixi、GREE、はてな、Seesaaなどコミュニティを持っているところはみんな、
 「さくらインターネット」を利用している。安い、速い、うまい、らしいw
・ちょっと前の技術を今サービスに実装することで花開く。WebDAVやJavascriptなどをね。

その後、後輩Kの家へ。Kの大学時の同級生でDJや音作りしているY君と再会。Y君の高校時の同級生H君と音楽製作していた。 データがぶっ飛んで二人とも落ち込んでいた^^;大変だ。夕方近かったので、みんなで焼き鳥屋さんへ。 H君は環境音楽の製作などをしているということで、音響の突っ込んだ話を聞く。
■メモ
・民生用なら1bit録音で十分。
・リアルな環境音は、そのまま素材として使うのは駄目。
 フェイクの音を重ねると、スピーカからリアルな感じにに聞こえる。へぇ〜。
・ビットレートについても聞く。民生用なら最高24bit196KHzで十分。
 それ以上になるとノイズをかなり拾ってしまうらしい。


エンジニアな人たちとの突っ込んだ話をたくさんできて大満足でした。
やっぱりいいっすよ、エンジニア。最高!w

posted by ringo134 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。