2009年05月28日

資生堂・サントリーの商品デザイン展へ

design_ss.jpg

■5月23日(土)
 朝起きて、ダイソーで購入した園芸用のネットを組み立てる。キュウリたちのために今年はネットまで用意した。今年の家庭菜園は、去年と同じトマトとキュウリ、それに加えてスイートバジルを育ててます。ぐんぐん成長してくれることを祈る。
 昼まで家でのんびりしてから、電話で予約し、いつもの近所の美容室へ。いつもの担当してもらっている美容師さんに短くカットしてもらう。今日は毛穴すっきりコースというオプションを加えて、頭がすっきりしたところで、上野へ向かう。
 上野駅にて仕事場帰りの親父と会い、書類を渡す。なんだか結構老け込んできたことにちょっと驚く。実家で親父を見るときと外で親父を見るときは、なんだかかなり違うことに気がつく。身体、細胞の老いを考える。
 上野公園を抜けていく。大きな木々の青々しさが、とても気持ちが良かったです。その脇で大きなシャボン玉を作って遊んでいる人たちや一人でテルミンを演奏している人などを横目に目的地へ。
 東京芸術大学大学美術館 陳列館で開催されている「資生堂・サントリーの商品デザイン展」へ。日常で手を伸ばせばそこにある製品がずらっと陳列され、100年の製品の歴史を一覧することができました。日本初の化粧品「資生堂 オルデミン」のデザインは今でも日常の風景に溶け込むデザインだと思いました。またサントリーの「ペンギンズバー」や「ペンギン缶」は子供の頃親父が飲んでいるのを思い出しました。小学生の時よくみた80年代のデザインが懐かしく感じました。図録も購入しました。
 上野のアトレにあるJIN'S GLOBAL STANDARDという眼鏡屋さんで新しい眼鏡を制作してもらう。世にたくさんでてきているスリープライス眼鏡屋さんです。眼鏡屋さんにいくと1時間以上はフレーム探しします。そんな中から選んだ光沢無しの銀縁眼鏡。ちょっと強面になってしまったかもしれません・・・。

■Information
第3回企業のデザイン展「資生堂・サントリーの商品デザイン展」
2009年5月13日(水)〜6月1日(月)
10:00-19:00
東京藝術大学大学美術館 陳列館 1階・2階展示室
無料
posted by ringo134 at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月16日

個展・トークショー・2次会

IMG_1670.jpg

大谷有花さんの個展
 昼過ぎに家を出て、両国にあるGalleyMoMoRyougokuで開催されている「大谷有花 展 -life-」へ行ってきました。3年程前から大谷さんの作品を拝見させていただいており、彼女の内なる宇宙での冒険がとても濃く反映された作品を見るのがいつも楽しみでいます。今回も新たな面を見ることができました。今まで抽象的な風景の中をうさぎねずみ君が冒険していく作品から、今回初めて本の中に具体的な言葉が書かれた作品が並べられました。大谷さん曰く「毎度キャンバスには文字を書き込みをしているんですが、いつも消しているんです」と。その言葉が本となり作品に出てきたことで、具体的な意味を持つ作品になったと思いました。またそれだけではなく、作品の輪郭となる線がはっきりしたというのも気になりました。

 今回開催されているGalleyMoMoさんは、元々六本木にあり毎年そこで大谷さんの個展が開かれておりました。去年の10月に両国に新たなGalleyを作られ、真新しい場所に今回の個展が開催されることになったそうです。両国のGalleyは逆L字の形になっており、入り口からまっすぐ伸びた白い双璧に作品が飾られております。また入り口は透明ガラスなので、外からも作品を眺められる形になっておりました。また古い民家を改築されたそうで、古い梁や電線などがむき出しになっており、味のあるGalleyとなっております。絵画だけでなく、インスタレーションなどの作品でも栄えるGalleyだなと思いました。

「大谷有花 展 -life-」Yuka Ohtani -life- / GALLERY MoMo Ryogoku
2009年5月9日(土)〜5月30日(土)11:00am - 7:00pm (日・月曜・祝日 休み)

+++
s_top-0516talkshow.jpg

Shop btfトークショー
 両国から大江戸線で勝どきへ。
 Shop btfトークショー「◆第1部(14:00〜15:30):藤崎圭一郎×岡田栄造 トークショー」を聞きに行ってきました。デザインジャーナリストの藤崎圭一郎さんが最近出された「デザインするな」という本をネットで見つけ、その後Blogを発見し、トークショーへ参加となりました。聞き手の岡田栄造さんは、教鞭の傍ら毎日更新されるデザインニュース「dezain.net」を主宰しており、デザイン雑誌にも執筆されている方です。

「デザインジャーナリズムは存在するか」というお題から始まった今回のトークショーで、気になった発言を少々並べてみます。

(F)=藤崎さん、(O)=岡田さん
---
(F)紙媒体にはプロの読者がいるが、Blogにはプロの読者がいない。
(O)デザイン雑誌は買わないし、読まない。
(F)「雑誌の快楽」というものがある。1ヶ月くらいで書店から無くなるので、お祭りのようなもの。
(O)デザイナーは批判して欲しいと思っている。無視が一番嫌い。
(F)展覧会のオープニングにいる人の反応をみれば、展覧会の評価がわかる。
(F)展覧会の批評は、速報性のあるBlogが適している。
(F)「AXIS」はデカ過ぎ。ナガオカケンメイさんの「d」はちょうどいい大きさ。佐藤直樹さんの「NEUT.」もデカ過ぎ。→サイズ、大きさ、フォントを考えた雑誌のデザインをすることで新しい雑誌メディアが考えられる。
(F)「ミラノ・サローネ」は日本勢ががんばっていた。原さんの「SENSEWARE展」では、日本人の微妙な感覚が受けていた。
(F)オーセンティックなデザインは売れるが、未来が見えない。
(F)世界はアバンギャルドでは動かない。これからは、「微妙な、微細な変化」→「感覚をデザインする」→「世界の感じ方を表現する」となるだろう。
(O)微分。
(F)ネットを含めて、1つの方向に向かわせようとする向きが強い。
---

門外漢な僕は90分聞いているだけで、お腹がいっぱいに満たされました。去年見に行った「SENSEWARE展」がミラノでも大好評で、今後「微細な、微妙な変化」をデザインしていくことがホットなデザイントピックになっていくという話を聞いて、日本人にとっては出番が増えるんだろうなと思いました。なかなか直球の話もあって、とても楽しめました。

本当は第2部まで聞きたかったのですが、その後の予定があったので会場を後に。

+++
IMG_1624.jpg

■同僚の結婚式2次会
 一度自宅に戻り、スーツに着替えてから渋谷へ。
19時スペイン坂下にある「la fabrique」に集合。同僚の結婚式2次会へ参加してきました。クラブとなるこの場所に100人も集結。ウェディングドレスに身を包んだ奥様はキレイな方でした。
 会場では、ベリーダンスをやっている奥様の仲間がベリーダンスを披露されたり(生で初めて見ました!)、同僚のクライミング仲間5人がタンクトップ姿となり「新婦が好む筋肉マンを探せ!」というゲーム(腹筋が割れてる筋肉はすごかったです)が行われ、楽しいイベントが続き、あっという間に時間が過ぎ去っていきました。
 いつも普段あまり自分の事を話さない同僚にこんなたくさんの素敵な仲間が居て、激しく祝され、更に素晴らしい伴侶といっしょになり、これからの人生を歩んでいくことを羨ましく、また激しく幸せになって欲しいと思いました。とてもいい会でした。

posted by ringo134 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Art

2009年05月13日

Arduinoセミナーに参加してきました。

IMG_1529.jpg
 5月11日(月)の夜渋谷の某ビルにて、「オープンソースハードウェアセミナーvol.1 〜今日からはじめるArduino〜」というセミナーがあり、参加してきました。

 セミナーの主催は電子部品などの通販サイトを運営されている「Chip1Stop」さん。講師は家電開発ベンチャー「Cerevo」の社長岩佐さんとエンジニアの鈴木さんのお二人でした。岩佐さんは和蓮和尚というHNで、人気Blog「キャズムを超えろ!」を運営されていらっしゃる方です。以前僕のBlog記事「FON用アンテナ反射板を自作する。」を岩佐さんのBlog記事で紹介していただきました。未だにこの記事へのアクセスが絶えることがありませんwそれだけ人気のBlogを運営されている方です。

 今回のセミナーへは、そのBlog経由から参加されている方が多いようでした。男性がほとんどで、女性が一人でした。半数以上の方がノートPC+データ端末を持っており、講義中すさまじい勢いでキーボードを打つ音が響いていたのが印象的でした。もちろん僕は紙とペンでメモっておりましたがw

さて詳しいセミナーの内容については、ご参加された方のBlogに↓をご覧下さい。
-----------------------
■tomisima::memo
オープンソースハードウェアセミナーvol.1 〜今日からはじめるArduino〜行ってきた。
■Sim's blog
「オープンソースハードウェアセミナーvol.1 〜今日からはじめるArduino〜」に行ってきました
-----------------------

 ちょっとArduinoのことを。
 Arduinoは、イタリア生まれのオープンソースボード(基板)。回路図やプログラムも多数公開されており、誰でも簡単に遊ぶことができるボードとなっております。またEtherポートのボードをつけることにより、ネットワーク経由でさまざまな制御ができるということで、流行りつつあります。特にメディアアート系の方々が作品や教育などで使っているのを以前から散見しておりました。
 以前はマシン語や16進数などをマスターしなければできなかったことが、オープンソースの資源を使うことで、その部分を考えることなく容易く制御できるボードとしてもてはやされているようです。

 セミナーでは、2ちゃんねるTV実況板の中で一番盛り上がっているチャンネルの番号をネットから引き出し、それをArduinoへ送り、Arduinoに接続された赤外線LEDから地デジTVのチャンネルを自動に変更するという作品が披露されました。また3分Codingと称して、その場でコーディングをした作品が披露されました。これはArduinoのボタンを押すとTwitterに「押したー」と発言する作品で、会場でも大ウケだったようです。

 Arduinoはコントローラです。Arduinoで何をするかという発想ではなく、こんなことをしたい!という思いからArduinoを使って、作品を作りが行かれるともっと楽しい世界が開かれるかもしれません。今回参加してBlgoに記事を書き込むと、Ardinoのボードがモニターとしていただけるようです。僕も何かをしたいということをArduinoで作品にしてみようかと思っております。
 またArduinoが届いたら、イジリ倒してみます。

 今回主催していただいたChip1Stopの皆様、講師の皆様、貴重なお話とお時間をありがとうございました。次回も楽しみにしております。
---
 あ、そうそう隣の席に座っていたオライリーのMAKE担当の方から来週5月23日24日に開催される「MAKE:Tokyo Meeting03」のチラシをいただきました。僕も参戦予定です。
---

Arduinoモニタープログラム参加中
電子部品・半導体の通販サイト - チップワンストップ


posted by ringo134 at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | Tech

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。