2006年03月03日

腐敗性物質

fuhaisei.jpg


腐敗性物質
講談社文芸文庫
田村 隆一 (著)
価格: ¥1,155 (税込)

詩人田村隆一氏の自選詩集。

現代文明への鋭い危機意識を二十三の詩に結晶化させて
戦後の出発を告げた第一詩集『四千の日と夜』完全収録。
『言葉のない世界』『奴隷の歓び』表題詩「腐敗性物質」
他戦後詩を代表する詩人田村隆一の文庫版自撰詩集。

文庫本なので、手軽に買える彼の詩集です。

「一篇の詩が生まれるために、われわれは殺さなければならない
多くのものを殺さなければならない 多くの愛するものを射殺し、
暗殺し、毒殺するのだ」という有名な句には瞬殺されました。
言葉を愛した方だからこその言葉たちに圧倒されます。

僕はABCのブックカバーをつけて、
いつもカバンの中にいれております。

ちょっとした時間に噛み締めるのもいいかも・・・


#あ、お久しぶりです。
posted by ringo134 at 00:22 | Comment(2) | TrackBack(1) | Book
この記事へのコメント
久しぶり。時間があったらのんびり話したいこともある。泊まりがけできたら。
Posted by TN-isaki at 2006年03月03日 09:29
おひさしぶりです。
>時間があったらのんびり話したいこともある。
お誘いありがとうございます。
ぜひ近いうちにお願いします。
Posted by ringo134 at 2006年03月03日 16:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

昼と夜が4000回。
Excerpt:  うちの実家のかあちゃんは、ヒゲが嫌いだ。  「ヒゲなんか生やしてる人はウサンくさい」っていうスガスガしいくらい偏見に満ちた意見がとっても素敵な気もする。  それをすりこまれて育ったからヒゲは..
Weblog: 昨日、今日
Tracked: 2006-05-10 00:01

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。