2006年12月19日

書皮をネットで探してみました。

bookstore.jpg

最近本をネット経由で購入することが多くなってるんですが、
ちょっとした悩みが・・・それはブックカバーがないことです。
街の本屋さんなら気軽にブックカバーを着けてもらうのですが、
ネットの本屋さんではできませんよね。

そこで自分でブックカバーをかけようということで、
ネットの中を検索してみました。
すると、PDFファイルで無料提供されているサイトが
結構ありました。ので、少しですが紹介します。
気軽にダウンロードして活用できそうです。
地元の平塚市が提供しているブックカバーがあったのには驚きでした(笑
結構マニアックな世界みたいですよ。

本の洋服屋さん
日本最大級?っていうふれこみがあるほど数が多いです。
シンプルなものやかわいいものなどがあり、バラエティに富んでます。
ブックカバーだけでなくはし袋やランチョマットなどが提供されているのが
おもしろいですね。

書皮の名刹
ブックカバーの総合リンクサイトって感じですね。
出版社、書店、公共機関、企業、個人などでDLできるサイトが
かなりの網羅されてます。

TSUTAYA online
カラフルでかわいいものからミニマルなデザインまで揃ってます。

WEB本の雑誌オリジナルブックカバー
イラストレータ沢野ひとしさんのイラストが散りばめられた
カバーが多数あり、いい感じです。山岳部の先輩方の影響で、
高校生頃に「本の雑誌」をよく読んでいた思い出しました。
ちなみにサイトのほうを見てみると、最近の「本の雑誌」には
もうカヌーイスト野田知佑さんのコラムはないみたいですね、残念。

ブックカバーの折り方(紙製)
カバーの折り方を1つ1つ写真を使って説明されていてわかりやすいです。
この折り方を数秒でこなす本屋の店員さんはすごいですね。

平塚市写真ギャラリーブックカバー(おまけ)
平塚八景の中の四ヶ所の写真で提供されているのですが、
その中で「平塚砂丘夕映え」はいいですね。霧降の滝も入れて欲しいw
こんなサービスしてたんですね。市民の何人が知っているだろうか(ぉ

ちなみに、このブックカバーって僕が長年使っている
ほぼ日手帳のカバーにも使えそうです。

それとちょっとした発想ですが、ネット本屋さんのお荷物に
同梱されているチラシの多くは速攻でゴミ箱行きになっていると思うので、
片面を広告内容にその裏をブックカバー仕様(薄い点線などをいれるなど)へ、
というように改善したら喜ばれるのではないかとも思いました。
先日紹介したPrieaタダコピなどの応用ですね。
posted by ringo134 at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Book
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。