2007年02月26日

化学楽器 = pHテルミン+awa-odo-rythm

phテルミン+awa-odo-rythm=化学楽器 
dorkbotTOKYO#000005で 「Thermoscore」という作品
(鍵盤の1つ1つにペルチェ素子を貼り付け、その素子の
温度を常温から70度(!)に変化させるプログラムがされてるシステム。
ある鍵盤はかなり高いので長時間鍵盤を触れない状態と
なってしまったりと、ちょっと演奏家に拷問をしているような作品)を
披露していただき、かなりの衝撃を与えてくださった宮下芳明さんが
新たなシステム「化学楽器」を発表されたそうです。

「awa-odo-rhythm」は、二つの状態間を行ったり来たりする
「化学振動現象」を応用し、泡の音で一定のリズムをマイクで集音。
その音をBPMカウンタでテンポを整え、MIDIデートで同期するというもの。
泡の発生にはバブやドライアイス、口の中ではじけるドンパッチなどを使用。
「pHテルミン」は、溶液の水素イオン指数 (pH) を音高に変換、
pHが高くなるほど音が高くなる 。すなわちアルカリ性になると
音は高く、酸性になると音は低くなる。pH計測器をさまざまな液体に
突っ込んで音を変化させています。

↓のページの下部(4、実演)にある映像をクリックしてもらうと、
宮下さんが化学楽器を使ってのステージ演奏がみれます。
MadScientistぶりが最高です!白衣だとヲノサトルさんっぽいw
司会の明和電機さんのツッコミもグットです。
http://www.sonichead.jp/4++/chemical.html

posted by ringo134 at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Art
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。