2007年03月28日

情報は少ないほうがいい

komichi.jpg

昨夜友人の写真展覧会に行ったときに出会った方々と飲んでいたときに話したこと。映像もキレイになり、 3Dになり、リアル感などがあるように見える今のゲームだが、 昔やっていたファミコンのほうが(いやもっと昔のアスキーアートのような時代のゲームのほうが)遥に楽しかったという話をしていた。

それは何だろうと考えてみた。本も文字からの想像であり音楽も音からの想像であるように、ゲームも同様のことが言えるのかもしれない。 ほぼ揃えられたゲームよりもチープで簡素なゲームのほうが、想像力が発揮されてゲームを自分の世界の中で楽しく仕立て上げているんだろうと。 その想像する行為がゲームで大事なんだろうと思った。いくら絵的にキレイになったり、リアルな音となったとしても、 想像力による転換をされたゲームのほうが遥にいい気持ちにさせてくれる。そういう作用が脳にあるからではないかと思った。

もちろんハイエンドなゲームも驚きを与えてくれるけど、簡素なゲームのほうが楽しいという行為に昇華してくれるんだと思った。 情報を削ぎ落とすことで、みえてくる感触と情報を欲しているんだとも思った。完璧なものよりも削ぎ落としたもののほうがいいのかもしれない。

---
この見ている画面内外からも情報はたくさん入っているのだが、そこから認識できるのはわずかでしかない。 1つのことに集中していしまうと周りをみえなくなってしまうのだ。これは仕方の無いことだと思う。見えていないのではなく、 見えているのであるが対応できないのである。僕はそんなに器用でない。それにそんなにたくさんの情報を処理できないで、無意識に情報を削ぎ落としている。
(荒い思考・・失礼しました)

posted by ringo134 at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Think
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。