2007年04月03日

LuxuryNotePC::Tulip E-go


e-go
Tulip E-go

オランダのPCメーカーTulip Distributionが出しているTulip E-goというノートパソコン。 形は初期のiBookにそっくりでパカっと開く貝殻風。 だがそのシャレた外観は着せ替え可能らしく、落ち着いたデザインのガワもあり、大人の富裕層女性をターゲットにした「ラグジュアリーノートパソコン」となっている。 サイトを眺めていると実他にも落ち着いたデザインのマシンが見ることができる。実際にファッションショーにも出演しているそうで。日本では未発売。

値段は、写真のハートマークが付いた「Ego Love Edition」は4,950ユーロ=約78万円だそうです。 ちなみに合計80カラットのダイアモンドリミテッドモデルで28,300ユーロ=約445万円だそうです(爆)(2007年4月2日のレート)。

日本に入ってきたら、ハイセンスな富裕層の方が話題つくりに購入されるかもしれませんし、また以前のMacのノートのようにドラマや撮影現場の傍らのインテリアとして出演することがあるかもしれませんね。今ノートパソコンなら10万円前後で購入できるというようなメーカーにとっては厳しいデッドレースの中、TulipはE-goのような富裕層を狙った商品を出してニッチな市場を狙っているように思えます。

注目すべきところは、E-goの外側の実装技術です。この着せ替えのガワを可能にしたのが、化学総合メーカーDOWの子会社Inconcia solutionsが開発したEXOオーバーモールディング・ システム(リンク先は日本語で解説)です。このシステムは、量産体制で
ファブリック、 レザー、木、金属などの本物の素材を機器の表面に実装することができる独自の工程と素材技術だそうです。 この技術をつかってE-goだけでなくMicrosoftのマウスHPのiPAQでも実装されてる商品があります。 日本のメーカーさんとかでも、携帯電話やってくれると流行るかもしれませんね。

さてE-goの肝心のPCのスペックは、OSにWindows XP Media Center Edition、CPUにAND Turion 64、RAMの容量は1GBMemory、グラフィックはATI Radeon XPRESS 200M、WXGA表示の12.1インチ液晶ディスプレイ、DVD±RWドライブ、80GB HDD、 マルチカードリーダなどを標準装備しているそうです。
詳しくはE-goのスペックサイトへ。

参考サイト:
・「ギャル用ノートパソコン」 GizmodoJapan
・「超豪華な革張りバッグ仕様のノートPCが米上陸!」 MYCOMジャーナル
・「革張りのノートPC、 まもなく登場」CNETJapan

posted by ringo134 at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | Tech
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

http://www.valras-plage.net/max-test-ultra/
Excerpt: guyberとNancyとringo134と
Weblog: http://www.valras-plage.net/max-test-ultra/
Tracked: 2016-12-03 11:40

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。