2007年05月28日

総合芸術の時間

yuka_ohtani.jpg

5月25日(金)
仕事を終え、恵比寿のLaVへ。友達のMarさんが撮った写真展「Air Panda」が開かれてて、またおなじみのHOTWIRED(今はWIRED VISONですね)の面子や新しい方々と交流。ネット業界で活躍している方々だったので、IT業界の現状や将来のあり方について語る。今のIT業界って3K現場で、僕らの次の世代はだんだんと敬遠している現状をどう打開するのか。待遇、環境の改善が必要だと意見が一致。76世代と言われている世代(30前後)が、若者とおじ様のパイプ役になってうまく血流を流していかなくては、そのような改善は見られないのではないかと。次の世代を育てることがとても大事かと。

歩いて帰る時に、とある交差点で事故を目撃してしまった。後ろで急ブレーキ音と人の悲鳴が上がって振り返った瞬間、タクシーが自転車に突っ込んでた。幸い自転車を乗っていた男性は、すぐに立ち上がったので致命的な怪我などはなかったようです。でも生まれて初めて事故の瞬間を見てしまったショックはちと大きいです。

5月26日(土)
休日出勤。ネットワーク配線などを辿る作業をもくもくとやる。それと社用車を洗車しに行く。夕方、早めに仕事を終わらせて六本木へ。友人で画家の大谷有花さんの個展がGallaryMOMOで開催されていて、行ってみる。2年ぶりに大谷さんと再会。近況話や僕の母校話(彼女のお父様が僕の母校で先生をしている)、進化した彼女の作品の話などをしたりして楽しい時間を過ごした。今所属している会社でもオフィスの壁などに絵画などが飾られているので、彼女の作品もぜひ!と社長に推薦してみようw

はじごでAXISギャラリーへ。現在開催されている「Exit to Safety -デザインにできること展」を見に行ってみました。都市型地震に対するデザイナーさんたちのアプローチがわかる展示になってました。その中でも気になった作品は、渡瀬聡志さんの「レジ袋」と久川尚太さんの「災害時に役立つレシート」です。どちらもコンビニやスーパーという日常生活で関わる場所で受け取るアイテムの余白に防災情報(最寄の避難場所や防災知識)を記載するというものです。これはぜひ全国の流通で行っていただけると恩地が受けられる人は多数いるのではないかと思いました。会場でキュレータの方や会場スタッフボランティアの学生さんたちとお話をしました。ボーイスカウトの活動などを話して、その中から応用できること(ロープ結びや火起こしなど)がたくさんあると思うことを提案。とても好印象を持っていただいたようです。

5月27日(日)
朝起きていつも購読しているメルマガからの情報で、表参道のNADiffで詩人の松井茂さんの個展「Aesthetics(6首) 松井茂 短歌作品」の中のイベント「小説ショパンを聴いて戦争へ行こう!@NADiff」というライブ&トークイベントを開催しているということで行ってみる。ライブってことなので演奏しているかと思ったら、コンピュータからの自動演奏をしてました。併設しているカフェでまったりとお話をしてた松井さんにご挨拶。同席していたIAMAS(情報科学芸術大学院大学)教授でアーティストの三輪眞弘さんとライターの藤田さんとご一緒にまったりと話し込む。話の話題は「写真、映画、演劇、詩、文学、絵画、などなど」が別れていることがおかしく、総合芸術として扱わなくてはならない時期に来ている、と。

3時から松井茂さん、中ザワヒデキさん、建畠哲(詩人)さんの3名によるトークショウが開かれました。まずは松井さんの今回の詩の解説から入って、他2名がそれを元に松井さんの詩の構造を解析して語ってくれました。松井さんに対岸にある、コンクリートポエムが紹介されてました。コンクリートポエムで有名な詩人、故新国誠一氏についても深く語られました。少し長丁場でしたが、最後のほうはぶっ飛びっぱなしだったので眠気も忘れて話に聞き入ってました。

NADiff本店がビルの取り壊しのため、今月一杯で閉店するということで美術書がたくさん半額セールをやってました。僕は2005年に開かれた横浜トリエンナーレの公式本と小物な本を2冊買いました。NADiffのサポーターズカードっていうのが、無料では入れて割引もあるので作る。このカードには村上隆氏のイラストがかかれていて、大変貴重なものとなっているようです

渋谷のハンズへ。ねじとワッシャ、スペンサーを買って、すぐに渋谷を後にする。

三軒茶屋へ。TSUTAYAで「d long life design」と「月刊アスキー」を買う。今回の月刊アスキーは、おまけで日本でのキーパーソンのDVD付きです。6人にインタビューしているのですが、僕はその中でも西和彦(ASCII創業者)さんの話が一番面白かった。貧乏な人でも金持ちでも「24時間」という制約はいっしょだ、と。その中でいかにして時間を自分自身でコントロールするかを求められる時代になると語ってました。他にもたくさんためになるお話があったので、IT関係の人はMustBuyだと思います。

皆さん、とてもぶっ飛んでました。あ、僕もかw
そんな週末でした。

posted by ringo134 at 23:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
現代美術系にも結構繋がっていらっしゃるようで。
僕も大好物です。
WIRED、WIRED VISIONという名で復活してたんですか。恥ずかしながら知りませんでした。とてもいい情報を聞きました。
Posted by 503号室 at 2007年07月13日 13:09
>503号室さん
お久しぶりです。書き込みありがとうございます。

>現代美術系にも結構繋がっていらっしゃるようで。
あははw趣味ですのでw
面白いイベントがあったら、ぜひお誘いくださいませ。

またuguisuでw
Posted by ringo134 at 2007年07月14日 13:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。