2007年10月14日

ホットケーキを焼いてみました

hotcake.jpg

おはようございます。
久しぶりにゆっくりできる休日の朝、台所に残っていた粉でホットケーキを焼いてみたringo134です。実家では良く出ていたので、自分でも自然と作るようになったメニューです。久しぶりに作るので、粉袋の裏についている手順書を参考にしました。ここで気がついたのですが、実家の母は公式の手順とは逆に作っていたようです。公式の手順では始めにボールに計量された牛乳を卵を入れてかき混ぜてから粉を入れるとなってました。母は粉を入れてから卵を入れ、牛乳は目分量でいれてました。今日は公式な手順で行ったのですが、写真のとおり、うまく焼くことができました。

さて、僕は9月29日〜10月3日までベトナム・ホーチミンに行ってきました。やはり聞くと見るとでは大違いでした。日本のメディアで伝えられている程発展している感は、ありませんでした。同行した上海の友人たちも10年前の上海をみているようだと言ってました。毎日のように食べたベトナム料理は僕にはとてもおいしく、パクチー好きにはたまりませんでした。またホテルは最上級のホテルに泊まり、観光地を巡るのではなくホテルでゆったりと過ごすことを楽しんでおりました。

今回のベトナムへの旅行は観光という形でもあるのですが、ベトナムの開発会社や日系の開発会社への企業訪問や工業団地の見学など、或る意味普通の観光旅行とは違った旅をしてきました。

インフラについて。
空港からホテルまでの道がぼこぼこでタクシーがゆれにゆれ、歩道も手付かずでいつまで工事をやっているのだろうという状態でした。街の電柱には無数の電話線と無数の電力線が入り乱れ、どうやって判別するのかと不思議でなりませんでした。紹介していただいた駐在員の方から聞いた話では、ADSLは一般家庭まで敷かれているそうですが、速度はダイアルアップの56Kbps以下だそうです。ホテルでは別途高速回線が入っており、僕が宿泊したホテルでは日本と変わりなく使用できました。またトレースを日本にあるサーバーにかけたところ、シンガポール経由で日本に入ってました。まだ海底光ケーブルは太い物が入ってないと思われます。またベトナムではまだIDCがなく、企業の中にラックを設けてサーバーなどを設置しているそうです。
また地下鉄はなく主に原付バイクが交通手段となっており、夥しい数のバイクが街を駆け抜けてます。バイクには3人4人乗りは当たり前で、ノーヘルでした。そんな夥しい数のバイクが走るので通勤帰宅ラッシュ時は、バスも時間通りに走ることもなく、交差点で立ち往生しているのを見ました。

まだまだ発展の入口というのがよくわかりました。2,3年後のベトナムが楽しみです。
ベトナムでお世話になった方々に感謝を申し上げます。
また同行していただいた上海の友人たちにもお礼を申し上げます。

(なんか中途半端っす^^; 追記するかもしれません)

posted by ringo134 at 10:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ホットケーキ。おいしそうだ。

といいつつ。あまり好きじゃないんだな。
ホットケーキ。

ホットケーキよりお好み焼きがすき。
Posted by ぱんだかばん at 2007年10月17日 11:26
>ぱんだかばん
コメントありがとう。
元気にしておりますか?

>あまり好きじゃないんだな。
うちでは小さい時から母親が焼いてくれていたので、
たまに自分でもやくようになったかんじです。
外で食べる食べ物というよりも家の味かな。
Posted by ringo134 at 2007年10月19日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。