2009年07月05日

師匠逝く

20070520261.jpg

5月27日、突然師匠のケイタイから連絡が入った。
電話口の声は女性だった。師匠の姪っ子さんだった。
「おじが先週亡くなりまして・・・」と。
仕事中にもかかわらず、頭が真っ白になった。
先週も元気なメールが届いていたのに・・・。

師匠との出会いは、14年前地元平塚のNTTでした。
まだアナログ電話回線でネットにつなげる事が全盛の時代。
ISDN回線を使って128kbpsで高速インターネット時代が
始まると宣伝したいNTTが、体験会を主催しており、
そこへ遊びに行った時の出会いでした。
まだインターネットが誰もわからないものなので、
体験会には僅かな人しか参加してませんでした。
そんな時でまだ浪人生だった僕に話しかけてくださったのが、
師匠でした。

・・・

連絡を貰ってから数日後に師匠の家へ行くと、
奥様と姪っ子さんが出迎えてくれました。
「もう突然だったのよ・・・」と。
その日夕飯を食べ終わり、奥様が台所へ行ったときに
パタッと椅子から落ちたそうです。
救急車で大学病院に運ばれるも意識は戻らず・・・。
最期に何も言葉を交わすことができなかったと悔しがる奥様。
僕はあまりにも師匠らしい逝き方に圧倒されました。

普段師匠とは、僕が最新のIT情報をお伝えしたり、
師匠が見聞した新しいITサービスについて質問を受け、
それについてよく議論をしてました。
時代を捉えた物なのか、先進性だけなのか、などなど。
師匠の捉え方は、今でも僕のものさしの1つとなってます。

80歳を超えてもまだその好奇心は衰えず、亡くなる1週間前にも
ミニパソコンを購入して意気揚々としていたそうです。
そんなに師匠に僕は育てられたと思ってます。
僕を作り上げてくださった師匠に感謝をし、
師匠が残してくれた数々の言葉を胸に刻んで
生きていこうと遺影の前で手を合わせながら思いました。

「僕らの時代以上に、これからはセンスの時代になる。
 いろいろなものをみて、いろいろな人に会って、
 センスを磨くように!」と。

師匠、天国でもお元気で!

(やっと気持ちが落ち着いたので、書くことができました。)
posted by ringo134 at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Think

2007年03月28日

情報は少ないほうがいい

komichi.jpg

昨夜友人の写真展覧会に行ったときに出会った方々と飲んでいたときに話したこと。映像もキレイになり、 3Dになり、リアル感などがあるように見える今のゲームだが、 昔やっていたファミコンのほうが(いやもっと昔のアスキーアートのような時代のゲームのほうが)遥に楽しかったという話をしていた。

それは何だろうと考えてみた。本も文字からの想像であり音楽も音からの想像であるように、ゲームも同様のことが言えるのかもしれない。 ほぼ揃えられたゲームよりもチープで簡素なゲームのほうが、想像力が発揮されてゲームを自分の世界の中で楽しく仕立て上げているんだろうと。 その想像する行為がゲームで大事なんだろうと思った。いくら絵的にキレイになったり、リアルな音となったとしても、 想像力による転換をされたゲームのほうが遥にいい気持ちにさせてくれる。そういう作用が脳にあるからではないかと思った。

もちろんハイエンドなゲームも驚きを与えてくれるけど、簡素なゲームのほうが楽しいという行為に昇華してくれるんだと思った。 情報を削ぎ落とすことで、みえてくる感触と情報を欲しているんだとも思った。完璧なものよりも削ぎ落としたもののほうがいいのかもしれない。

---
この見ている画面内外からも情報はたくさん入っているのだが、そこから認識できるのはわずかでしかない。 1つのことに集中していしまうと周りをみえなくなってしまうのだ。これは仕方の無いことだと思う。見えていないのではなく、 見えているのであるが対応できないのである。僕はそんなに器用でない。それにそんなにたくさんの情報を処理できないで、無意識に情報を削ぎ落としている。
(荒い思考・・失礼しました)

posted by ringo134 at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Think

2007年03月09日

南山誠林〜命名君&新姓名判断〜

seimeihandan
南山誠林〜命名君&新姓名判断〜


友人の日記で紹介していた姓名判断をやってみました。
全体的に結構当たっているようですが・・・どうでしょう?
みなさんもお時間ある時にトライしてみてください。

▼性格判断
外画−6 画 
+自ら引っ張っていく・思い遣り
−しきる・人情に流される
内画−5画
+しっかりした夢・自由な発想
−好き嫌い・かっこつけ屋
--------
「guyber」さんはこんな人
表面上は常識的で、思いやりがあり困っている人に手を差し伸べたり、他人を指導してまとめていこうとするお兄さん的、 先生的な感じがしますが、内面は常に夢を描き、もっと広い世界に憧れ、新しいことを追っている人です。 いつももっと自分にあった世界があるのではないかと思いながらも、社会的秩序は壊せないといった人です。新しい変化をキャッチし、 自ら周囲を引っ張ってまとめていける特性を活かしてください。
「guyber」 さんに気に入られるには?
新しいこと、より広い世界のこと、夢のあることを常に取り入れ、しかも周囲から信頼を得たい気持ちの強い人です。常に新しい情報で、 しかも社会常識からはずれない、そして、リーダーとして知っておかなければなければならない内容のものを提供すると喜ばれます。 新しいことを多くの人に伝えて引っ張っていきたい人ですから。
(コメント)
->大学時代に同級生に「いい意味で人を巻き込むのがうまい」と言われたことがあります。
->常に新しい世界や技術、思想は貪欲に探し求めてますね。

▼姓名運勢診断
■総画 「31画」
名誉開花運―社会的に高い評価を獲得できる実力と人望を兼ね備えた幸運数
●運をさらによくする秘訣
知性と人望を活かし広く社会を導いていける活動をすること
夢と高い志を大きく持ち、自分だけの小さな幸福に満足しないこと
--------
先を見通すことのできる能力と、冷静な判断で困難を乗り越える強い意志力、 さらに性格も温厚で知性と人格を兼ね備え人望を集めることができます。人を導く力があるので社会的な活動をする必要があります。そして、 高い志と明確な目標を持ち努力すれば必ず後世に名前を残すような成功を得ることができます。社会的に評価の高い仕事・ 知的なセンスを活かすことのできる仕事を選ぶことが必要で、変化が激しく浮き沈みのある業界や、駆け引きを必要とするような仕事、 繰り返しの単純な仕事では折角の幸運数を活かせません。
(適職)
人を指導する仕事・研究者・コンサルタント・社会的評価の高い仕事
(コメント)
->知的センスを活かすような仕事が志をインスパイヤするんでしょうね。
->まだまだ徳を積み続けなくては、能力は発揮されないようです。

▼適職判断
■外画数−6 内画数−5
「guyber」さんの合っている職種は
常に新しいこと夢のあることを追い求め、実現していきたい気持ちが強い人です。しかも、周囲からの信頼や尊敬を得たい気持ちが強いので、 新しいことをキャッチし、それを人に伝えたり、指導していける仕事が向いています。
■総画数−31
「guyber」さんのあっている業種は
あなたは、堅実でしっかりした人生を歩む運勢を持っています。この運勢を活かすには、堅くて社会的に評価の高い仕事・ 知的な仕事を選ぶことです。変化の激しい業界や、駆け引きを必要とするような仕事は向いていません。研究者・技術者・ 社会的評価の高い仕事を選んでください。
(コメント)
->常にアンテナは広く高く掲げて、独自のフィルタで受信中。
->駆け引きは少し苦手かもしれません。

▼恋愛の仕方と恋愛の相性
地画(恋愛に対する感情)
地画=1画
(+)純愛の恋
(−)堅すぎる恋
内画(恋愛に対する価値観)
内画=5画
(+)夢を描ける/自由を愛する/新しい変化を捉えるセンス
(−)好き嫌いが激しい/仕事や交友関係を変えやすい
●純粋に自由に愛の夢を描き追いかけるあなた・・・夢を共有できない恋愛はできません。
出会い・・・多くのふれあいの中から、純粋に夢を共有できる彼女と惹かれあいます。
恋愛・・・・・純粋に夢を語りあいますが,夢を育てあうなかに隙間が生じると離れてしまいます。
結婚・・・・・真面目に家庭を大切にし、いつも新鮮な愛を育てる関係を作れます。共通の夢を持つようにしないと夫婦間に隙間が生じます。
(あなたの恋愛)
あなたは、常に夢を描き、夢の実現に努力する人です。新しいこと変化のあることに積極的にチャレンジします。また、 自由を愛し新しく世界を広げるセンスを持っています。ただ好き嫌いが激しく、好きなことだけに打ち込むようなところがあります。 恋愛に対しては、大変真面目で、女性なら誰でも良いというわけにはいきません。交際は華やかなところもありますが、 相手を盲目的に好きになってしまうこともありません。しかし、一度惚れた女性には真面目に真剣に恋をします。一途といっても、 社会的なことをしっかり見極める能力があり冷静な判断をしますので、周囲の反対を抑えて勝手に進めてしまうことは決してありません。また、 女性には大変優しく誠実で、相手を傷つけることはできません。しかし、あなたは心変わりする傾向があり、いったん嫌いになると、 戻ることはできません。あなたが彼女と夢を共有できなくなったときや、彼女といることにより自由が束縛されると感じた時に訪れます。 女性から見るとあなたは、優しくて誠意が感じられるのですが、自分の世界で自由に行動するようなところが感じられます。 変化を追い求めることについて行けないと感じてしまうことがありそうです。現実をしっかり踏まえて、彼女との愛を育む必要があります。 そうしないと、恋のチャンスを逃してしまうかもしれません。
■結婚の相性
内画−5のあなた
(結婚に合う内画)
3画(相生関係)=支えてくれる人=積極的に新しいことに取り組む彼女があなたの夢の実現を支援してくれます。
6画(比和関係)=わがままを包んでくれる人=しっかりしていてあなたの夢を理解して上手に導いてくれる人
4画(相生関係)=自由を共有できる人=お互い自由に距離を置いて行動でき、認め合える人
7画(相生関係)=価値観の共有できる人=個性を大切にする彼女に対し、自由を愛し積極的なあなた、 お互いを認め合い夢を共有できる関係が作れます。
(結婚に合うかあわないかはあなた次第の内画)
8画=一途に打ち込むことは共鳴するが、地道なことにはついていけないことのある人
5画=全く同じ性格でぴったりしていることが多いが時に反発してしまうことのある人
(結婚にあわない内画)
1画=現実的すぎるところがあなたと価値観のずれてしまう人
2画=細かい気遣いにいらいらしてしまうことのある人
(コメント)
->やはり同じ価値観を持った人=夢を語れる人なんでしょうね。
->自分の世界にこもりすぎるのは注意みたいですね。

->最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

posted by ringo134 at 02:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | Think

2007年02月15日

プロフェッショナルの言葉

ueoike
NHKのプロフェッショナル仕事の流儀の再放送を見る。
今回はマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ教授石井裕さん。
コンピュータインターフェイス開発の第一人者です。
タンジブルビット(触れられるデータ)というコンセプトで世界にない
コンピュータインターフェイスを作り出している研究者です。
番組の石井さんの言葉で、
「自分は凡人、だから一人よりも2倍の仕事をして3倍の成果を出す。」
「自分が努力せずに終わって後悔するだろうと。
それならば後悔せずに思いっきりやってみろ。」
「重圧を楽しむ」
心に染みました。
世界中の天才が集まる場所MITで常にこのスタンスが
高い評価につながり、発想し続ける
秘訣ではないかと思った。
またすごく駆り立てられる想いがしました。

以前NTTICCで開かれた
Open Studio "Tangible Bits" 「情報の感触 情報の気配」 展の
講演会へ行き、講演後実際にお話をさせてもらったことがありますが、
常に何かをサーチしているのがとても印象的でした。

この石井さんのインタビューもお薦めです。
→「39歳でMIT教授! タンジブル・ビッツを生んだ石井裕/Tech総研

posted by ringo134 at 23:13 | Comment(2) | TrackBack(1) | Think

2007年01月11日

フリマはfreeじゃない

fleamarket.jpg

最近読んだ「ヒューマン2.0」という本の備考欄を見て、
それまで勘違いしていたことに気づきました。

日本でもかなり定着しているフリーマーケット(フリマ)。
その「フリー」って英語では「free」じゃなくて、「flea」だそうです。
辞書で調べると「flea」は「蚤(ノミ)」という意味。
というわけで「fleamarket」=「蚤の市」が正解。

以外とこの勘違いしている人多いのでは?
以前からfreemarketっておかしいな〜と思っていた
(勝手解釈ですがw)のがすっきりとしました。
posted by ringo134 at 18:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | Think

2006年10月20日

an allegory of le petit xiaoxiao.

cloud_xiaoxiao.jpg

One day in the morning, a tourist saw a fisherman
who had just got off his small boat.
He went toward to the fisherman to speak with.
‘Hi, How was the today’s fishing?’
‘Not so many fishes though, it’s enough.’
‘Are you going to finish working today? It’s still in the morning.’
‘Yes, I’m going to the bar as usual to chat with my friends,
and then have lunch with my family.’
‘Why don’t you work longer?
If you did, you would be able to catch more fishes’
‘But, what’s for? It‘s enough.’
‘Ok, please listen. I have much skills and knowledge of expanding business.
If you worked longer, you would be able to get more fishes.
If you get more fishes, you would be able to buy a bigger boat.
This is more and more fishes you would catch them’
‘If I caught more fishes, what would be happen?’
‘You would be able to hire some people,
and then you would install a fish tin factory.
And then, you would be very rich!’
‘And then, what would be happen?’
‘Well… You would buy a house by the seaside,
drinking beers, spending more time with family and friends’

---
I read an allegory in English that soaked to the mind after a long time.
It is an allegory of a cafe without signboard in Shanghai.
The name of a cafe is le petit xiaoxiao.
posted by ringo134 at 02:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | Think

2006年08月06日

久しぶりに目撃した。

p_02.jpg

久しぶりにこの人「高城剛」を目撃した。
先々月に「ヤバいぜっ! デジタル日本」という新書本を出したそうで、
その関連でインタビューが載っていました。

Web Magazine「ハニカム」
IT is DEAD?
「ITは終わった。次は、なんだ!?」


相変わらずぶっ飛んでますw
が、彼のビジョンも1つの視点として大事ではないかと思いました。

↓おまけ。
takashiro.com
TITLE: Life is a Journey


彼の公式Webサイトにあった映像です。
2004年夏の旅が見れます。
わずか3ヶ月でただ地球4週しているわけではなく、
その間にも仕事を捌いて、たくさんの人に会い遊んでいる
行動力には圧巻です!(映像の彼の口調を真似てw)
自分もこんな動きをしたいのかもと思ってしまいました。

彼については他にもおもしろいものが
出てきましたが、今日はこの辺で。
posted by ringo134 at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | Think

2006年07月04日

アラン・ケイの語り

pop-aran.jpg

日経BP社IT Proより
「アラン・ケイが描く、パソコンの未来像」

前編
― 失われた13年を繰り返さないために


中編
― Webの技術進歩は遅々として進まず


後編
― 刹那的文化がすべての大人を愚か者に



・・・読んでおいて損のない内容です。
日々PCの前で過ごす自分の姿を客観的に見てしまいました。
やはりまだまだアラン・ケイさんのビジョンには輝きがありますね。
posted by ringo134 at 11:32 | Comment(3) | TrackBack(0) | Think

2005年10月20日

フェチバトン

20050504(012).jpg


フェチバトン
以前友人から受け取ったものを答えようと
思いました。

Q1 あなたは何フェチ?

・眼鏡フェチ
 自分も常に掛けているので他の人の眼鏡が気になります。
 それだけでなく眼鏡を中心にどんなしぐさをするかをよく
 観察してます。

Q2 異性を見る時、まず何処を見る?

・目元、目線
 どんなしぐさをするのかはその部分をみればわかります。
 「目」中心ですね(笑

・足元
 隠し易そうなところ程、その人のナリがわかると思うからです。

Q3 最近プッシュ出来る部位

・まつげ
 昔からですがよく「女の子みたい」と言われるほど長いです。

Q4 異性の好き(もしくはNG)な部位5つ

・やわらかな肌

Q5 フェチを感じる衣装は?

映画「トニー滝谷」の中の女性(宮沢りえ)の服装かな。
 黒のタートルネック、冬の朝、白い息、誰かを待つ感じが好きです。
posted by ringo134 at 00:05 | Comment(8) | TrackBack(0) | Think

2005年08月18日

ただのゆるい淀み

20050806(029).jpg


 最近トーンを落としてみてます。
 潮の満ち引き、月の満ち欠け、大気の対流。
 少し前までは、満ち満ちていた自分のトーンも
 引き欠けトーンへ変化してきているようです。

---
ルドルフ・シェーンハンマーは食べ物を構成する分子に
標識をつけ、それが身体を形作っている分子群とめまぐるしい
速度で入れ替わっていることを示したのである。

食物の分子は高速度で身体の構成分子に入り込み、
それと同時に身体の分子は高速度で分解されて外へ出てゆく。
つまり、生命は、全くの比喩でなく、「流れ」の中にある。

個体は感覚としては外界と隔てられた実体として存在する
ように思えるが、ミクロのレベルではたまたまそこに密度が
高まっている分子の、ゆるい「淀み」でしかない。
生態を構成している分子は、すべて高速で分解され、
食べ物として摂取した分子と置き換えられている。
身体のあらゆる組織や細胞の中身はこうして常に作り変えられ、
更新され続けるのである。だから私たちの身体は分子的な
実体としては数ヶ月前の自分とは全く別物になっている。
分子は環境からやってきて、一時、淀みとしての私を作り出し、
次の瞬間にはまた環境へと解き放たれる。

つまり環境は常に私たちの体の中を通り抜けている。いや、
通り抜けている、という表現も正確ではない。なぜなら、
そこには分子が”通り過ぎる”べき入れ物があったわけでなく、
ここで入れ物と呼んでいるもの自体を、”通り過ぎつつある”
分子が、一時、形作っていたに過ぎないからである。つまり
ここにあるのは、流れそのものでしかない。その流れの中で、
私たちの身体は変わりつつ辛うじて一定の状態を保っている。
その流れ自体「生きている」ということである。
シェーンハイマーはこの事実を目の当たりにして、これに
「動的平衡」という素敵な名前をつけた。
---
 以前購入した雑誌「ソトコト6月号」の
 「流れ、それが
  サステナビリティの
  本質である
  文:福岡伸一」
 からの抜粋文章です。読み飛ばしていた文章でしたが、
 今朝トイレの中で読み返して、今の自分にしっくりくる文だったので
 大変気に入りました。

 自分は数ヶ月前の自分ではないこと。生まれ変われるとよく表現される
 ことは、分子レベルで考えると日常茶飯事に起こっていること。
 自分という身体は「ただのゆるい淀み」であること。

 視点を変えるってこういうことなんですね。
posted by ringo134 at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Think

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。