2011年04月08日

Sonar Sound Tokyo 2011参戦記

ci1104_6008_flyera5-sst04_480.jpeg

4/2,4/3に新木場StudioCoastで行われた音楽+アート+テクノロジーのイベント「Sonar Sound Tokyo」に参戦してきました。2日間で見聞きしたステージの感想を書いてみました。

■4/2
Ryoji Ikeda
演劇集団dumb typeの音響担当でも知られるIkedaさんのパフォーマンスを初めて見る。去年東京現代美術館での個展で、池田ワールドを知ってから、虜になりました。最近もdumb typeのDVDを購入して、見ておりました。開始早々独特のモノクロ世界の映像とパルス音の連続。低音はズボンの裾をゆらすだけでなく、腹まで響くもの。そして高音域の音も耳を貫くような音の連続でした。ある意味洗脳?なんていう観客の声が聞こえてくるくらい圧倒される音と映像を作り出しておりました。

Y.Sunahara
なんだか追っかけのように彼のライブへ足を運んでます。今回は原発の白い防護服に身を固め、手袋とマスクまでした出で立ちで登場。4/6にリリースされる9年ぶりのアルバム「liminal」から3曲ほど演奏が入る。その中でも「Beat it」は音もビートにのったノリノリの曲ですが、映像は今のカオスな世界を彼なりに捉えた写真を高速連射動画となっており、素晴らしかったです。ぜひどこかで公開してもらいたいです。以前から社会風刺を音と映像で表現している人なのかと思ってました。それは声や言葉に出してませんが、痛烈に今のテクノロジー社会のアンチテーゼを表現しているのではないかと思いました。

■4/3
Open Reel Ensemble
和田永氏を中心とした現役大学生たちのオープンリールを用いた音楽グループ。以前もMake:Tokyo MeetingやNTT ICCでのライブなどを拝見していたので、今回はそれ以上にパワーアップした彼らの姿を見ることができた。以前はオープンリール4台だけで演奏をしていたのだが、今回はベースとドラムのメンバーが加わり、さらに小道具が多数でした。相変わらずオープンリールでのリズミカルな演奏や録音メディアとしての特性を生かしたパフォーマンス、iPhoneをリモコンにしたオープンリールのコントロール姿に会場からも驚嘆の声が上がっておりました。和田氏のテレビを浸かった新しい作品も今回登場するかと密かに期待をしてましたが、お目にかかれなかったのが残念でした。でもこれからも国内外問わず活躍して行く彼らの動向に今後も注目していこうと思ってます。

Takagi Masakatsu
一度はライブに行きたいと思っていた映像作家でもあり音楽家でもある高木正勝さんのライブをやっとここで聞くことができました。自分のiPhoneに数枚の彼のアルバムが入っているので、そのアルバムに入っていた曲も数曲披露されました。映像は油絵の具をコラージュして形を作って行く過程を動画にした独特の世界観のある圧倒的な映像と、ピアノ一台で高木さんが渾身の力を振り絞って演奏されている姿が秀逸でした。ぜひ機会があったら、またライブに行ってみたいと思いました。

大竹伸朗×畠中実(NTT ICC)
ブライアン・イーノを敬愛する大竹さんとブライアンイーノの最新アルバムのライナーノーツを執筆した畠中さん、お二人のイーノトークセッション。大竹さんがイギリスロンドンに渡っていた70年代の音楽話(DAF,WIRE)から始まり、ブライアンイーノとの出会いと邂逅という濃いぃ話が満載でした。ロック全盛時代にアンビエントという新しい音楽を提唱したイーノの素晴らしさを改めて知りました。昔購入したイーノCDをまた聞きたくなりました。

松武秀樹(Logic System)×畠中実(NTT ICC)
シンセサイザーエンジニアとして、YMOに参画されていた松武さんと畠中さんのトークセッション。その前に会場に着くといきなり、目の前にMoogシンセがどかんと!置いてあるのにびっくりしました。YMOの海外ツアーの映像でよく見た通称タンスと言われていたMoogシンセがそこにあり、それだけで感動していたのですががががが(UTだなw)。松武さんによるMoogを使っての簡単なシンセサイザーから始まった。サイン波、矩形波、のこりぎ波と発振し、そこにローパスフィルタやハイパスフィルターなどを加え、さらに24ステップのシーケンサーに入れて行く実演講義。音のチューニングは、1音ずつチューナーをつかって行われていたそうです。
松武さんが卒業するときに親の紹介で、あの富田サウンドで有名な富田勳先生の会社へ入ることになったそうです。Moogシンセサイザーを輸入する際に羽田の税関でかなりの間兵器と勘違いされ留められた話、富田先生が寝た後にMoogシンセを毎晩使って練習をしていた話。サンプラー開発話では、当時はまだ0.87secしか録音できなかった。Roland MC-8の打ち込み話。坂本教授との出会い、YMOとの仕事、すべては3名のセンスで作られたこと。YMO海外ライブでのトラブル話。今DAW環境で作っている若者へのアドバイス。作ってみたいもの、DNAシンセサイザー、、、などなど盛りだくさんでした。いや完全に満腹になりました。初めて松武さんのお話をお聞きしましたが、エンジニアですね。


posted by ringo134 at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | Sound

2010年11月04日

agraph presents「うちこみ!」at DOMMUNE

187279853.jpg

 今日発売となったagraphさんのセカンドアルバム「equal」の発売記念(?)として、DOMMUNEにてうちこみ講座&ライブに参加してきました。昨日の夜にイベントに気がついて申し込んだら、朝に当選のメール来ていた!わお!初DOMMUNEということで、ちょっと緊張をしながら、現地へ向かいました。もちろん砂原良徳さんのsubliminal Tシャツで!

■DOMMUNE
 大通りに面したビルの地下にひっそりとたたずむDOMMUNE STUDIOに到着。間違えて早めに入ってしまったら、入り口に座っておられた主宰の宇川さんに「もうちょっと待ってね」と言われ、一時外に待避する。中がちらっと見えたが、agraphさんや他スタッフの方たちがもりもりと準備を進めていた。それにしてもいつもUSTREAMで見ていたDOMMUNEのSTUDIOは以外と狭いな〜と思った。メインフロアには、メインステージ、DJブース、カウンターバーとラウンジ、30人入ればかなりギュウギュウになるくらいの広さ。その分出演者を間近で見ることができるのは、素晴らしいと思いました。

 外で一人で待っている男の子に話しかけてみた。埼玉から来た大学生T君で僕と同じようにagraphファンということで音楽話などで開場するまで二人で盛り上がっておりました。今回のお客の1番が彼で、僕は2番目でした。それだけ気合いが入っていたってことなのかな笑

■うちこみ!!
 19時過ぎに開場となり、入場料を支払って(料金の回収にジップロックの箱使ってましたよ)、流れ込む。椅子に座り、予定時刻を過ぎていたこともあり、すでに「うちこみ!!」講座がスタートしていた。会場に集まったお客さんはざっと15名程。男性が7割、女性が3割という感じでした。今回はagraphさんの聞き手として雑誌Sound&Recordingの篠崎さんが出演され、まったりとお二人で進められておられました。

 前半は、agraphさんのアーティストの軌跡から始まりました。石野卓球さんへクラブで逆ナンパしてエンジニアとして雇われた話し(積極的に前に出るんですね)や、卓球さんとagraphさんが二人で仲良く音作りをしているシーンの写真が紹介されたり(卓球さんが良いお父さんぽく写ってました。かなり貴重!)、agraphという名前の由来を聞けたり、とすでに盛りだくさん。

 そして今回のセカンドアルバムの話しに移っていきました。アルバムの成り立ちのことやアルバムに関わって来られた豪華な方々(クラムボンmitoさん、カールステン・ニコライさん、マスタリングされた砂原良徳さん、アルバム用の短編を書かれた円城塔さん)の話。そしてagraphさんのアニメ好き話まで(ナタリーに詳しい記事が載ってますます)。

 後半やっと「うちこみ!!」の話しが始まる。まず今回のアルバムに収録されている1曲目の「lib」から始まり、5曲目の「nonlinear diffusion」、6曲目の「flat」、それぞれのCubaseデータを画面に表示しながら、どのように音作りをしていたかを解説されてました。1つ1つのトラックを拡大して1トラックだけで再生して聞かせてくれたり、全体の音として1つのトラックがどのような役割を果たしているのかの説明がありました。また原曲(音作りの起源?)になった音はどんな音なのかを聞いたり、1トラックは数秒で終わっている波形の中に緻密な音作りを行っていること、などなどSUGEEEE!!!!!!!!!と思うことばかりでした。ざっと40トラック以上の音の複雑な組み合わせで1曲ができてることを学ぶ(知る?)ことができ、至極驚きました。この解説を聞いて、音楽家の方は毎日命削りながら作っているんだな〜という思ったのと。また音作りにすごく真摯に取り組んでいる姿、そして音への愛情が半端ない人なんだな〜と、改めてagraphさんに痛く感嘆しました。
 そして最後会場のみんなで「うちこみ!!」のポーズを決めて(これもナタリーの記事にagraphさんがポーズをしている写真があります)、講座は終了しました。

■ライブ
 お二人の話が盛り上がって、おしまくってからライブ開始。agraphさんはThinkPadに入ったデータを見ながら、ミキサー(追記「KORG ZERO4」だそうです)でエフェクト・ミキシングするというライブスタイルでした。ファーストアルバム「a day,phases」の曲や今回発売になった「equal」の曲をクラブ系にアレンジしたアッパー系の音でした。ほぼ新曲に聞こえたのは僕だけでしょうか?このライブ版を出してくれたらな〜なんて淡い期待も・・・。

 すごく気持ちよくなってしまいライブ後半ではノリノリに踊っていたら汗だくだくに。agraphさんもノリノリで同じく汗だくだくでした。それに音がすごく良かったです!低音がズボンの裾を揺らしてました笑。さすがDOMMUNE、SUGEEEE!!!!!!!!!って思いました。agraph音を堪能しました!

11月22日(火)恵比寿LIQUIDROOMでのagraphさんのライブ「SILENCERS」は是非参加します!またたくさん堪能させていただきます!

■USTREAM配信
 実は今回agraphさんの話しもしっかり聞いていたのですが、DOMMUNEで行われているUSTREAM配信の運用をじっくりと拝見させていただきました。いつも家で楽しませていただいているDOMMUNEはどのような運用で配信されているかをしげしげ観察していました。

 そこで一番驚いたのは、主宰の宇川直宏さんが自らカメラマン担当されていたことでした。放送している間も設置している3台のカメラを調整されている姿に感嘆しました。自分で動かれてやっていたんだ!って会場に行って初めて気がつきました。そして音声MIX担当の方と映像スイッチ担当の方がおられ、運用では3名体制で行われていました。これまでの数々の放送で、運用チームの息はぴったりあっておりました。チームワークは抜群でしたね!

 機材ですが、見える範囲でカメラはSONYのHDR-CX170が3台あり、三脚はSONYのVCT-50AV(多分)で手元で操作ができるコントローラ付きとなっており、カメラに接続されてました。またそれぞれのカメラの映像出力はアナログビデオで出して、会場後方に設置されているコントロールルーム部屋へ送られ、ビデオスイッチャー(多分)でスイッチングしているんだと思われました。音声は、話す方はハンドマイク(金色w)を使っていて、ノートPCからの再生音も音声MIX担当がコントロールしているミキサーへ繋がっている感じでした。ミキサーもかなり良い物を使われているんだろうな〜と。また音声MIX担当の方がしていたヘッドフォンもかなり良さそうなものだろうな〜と。(どんな機材なのか使っているかすごく知りたい)

 そしてライティング・照明ですが、思っていた以上に少ないかなと思いました。部屋を暖色系の色で明るくされ、部屋の隅々にスポットライトがあり、また正面カメラ横にポールに挟まれたスポットライトが出演者を照らしていました。
 もうちょっと詳しく眺めたり質問したかったのですが、ここまでDOMMUNEの運用状況が見られただけでも大収穫でした!

 やっぱり宇川さん、SUGEEEE!!!!!!!!! デジタルステージの平野さんがおっしゃっていたように、宇川らさんは命削って運用されていることに、本当に頭が下がります!
 (今回の放送の合間に、自分のライターを宇川さんに差し出せたことが個人的になんだかつながりをもてたような、もてなかったような・・・)

■おまけ
 ライブ終了後にagraphさんのサインを頂きました!入り口でお会いしたT君はしっかり「equal」を持ってきていて、それにサインしてもらっていたのに、僕は忘れたので、財布に入っていたnanaco cardにサインをしてもらいました笑 もう家宝としてラミネートして部屋に飾ろうかとと思ってます笑
posted by ringo134 at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sound

2007年04月24日

ベートーベンを継承する演奏家

kaniari.jpg

 日曜日、上野旧東京音楽学校奏楽堂にて、可児亜理(かにあり)さんのピアノリサイタルが開かれ、拝聴してきました。 ベートーベンのピアノソナタ全曲演奏の第4回目。日本最古の木造の洋式音楽ホールである奏楽堂は、満席となった。 演奏が始まると息を呑む音もノイズとなるほど静まり、中央の亜理さんの演奏に全員の目線が集中する。 僕は視覚から入ってくる情報を断ち切るために目をつぶり、音だけに集中した。

 可児亜理さんは友人(70代)の姪の方で、たまにお会いしてました。亜理さんは大学卒業後、 ドイツなどへの留学し世界的なピアニストのゲルハルト・オピッツ氏を師事、故ゲオルグ・ヴァシャヘーリやマルタ・ アルゲリッチとも交流したり、またクララ・シューマン国際ピアノコンクールのファイナリストに選ばれるなど、 素晴らしいご経験の持ち主なのです。

 その音は息つく間もない繊細さと大胆さの両方を持つ音でした。2時間の演奏会はあっという間に終わり、 頭の中で亜理さんの音が鳴り響き続けていました。力強い生演奏に感動しました。
---
■4月20日に発売された可児亜理さんのCDを紹介します。

聖なるピアノ〜ハンマークラヴィーア&精霊の踊り/可児亜理
レーベル: カメラータ東京
価格:2,940円(Amazon)

バイエルン放送局とカメラータ・トウキョウによる初の共同制作CD。
オピッツに師事しドイツで高い支持を得ているピアニストで、教育者やソリストとしても活躍する可児亜理(かに・あり)のデビュー・アルバム。
2006 年1月に恩師オピッツの推薦でバイエルン放送局より招待を受け、放送録音を行った後、3月にドイツ; バイエルン放送局第2スタジオで行われたのが、この録音となります。ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」 と2つのロンド作品51第1番ハ長調&第2番ト長調、グルック(ヴィルヘルム・ケンプ編):「オルフェオの嘆き」〜「精霊の踊り」を収録。 難曲とされるソナタに対するアプローチ、クリアなピアノのタッチと美しい響き。最後のグルックまで充実した演奏となっています。 ベートーヴェンはスタインウェイ、グルックはファツィオーリを使用〜“K2 Laser Cutting”システム。

【曲目】ベートーヴェン:
 1. ピアノ・ソナタ 第29番 変ロ長調 作品106 「ハンマークラヴィーア」
 2. 2つのロンド 作品51 (1)第1番 ハ長調 (2)第2番 ト長調 グルック(ヴィルヘルム・ケンプ編):
 3. 「オルフェオの嘆き」〜「精霊の踊り」 歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」より
【演奏】可児亜理(ピアノ)
【録音】2006年3月 ドイツ
---
応援の意味を込めて、右バナーにAmazonへのリンクをしました。

posted by ringo134 at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sound

2007年02月01日

KIRIN LAGER meets YMO

ymo.jpg

ソーシャルブックマーク経由で朝知ったのですが、
YMOがキリンラガービールのCMに出ることに!
YMO再再結成ですね。
RYDEENのリメイク版を演奏・・・大興奮ものです。
キリンラガーさんのサイトにてCMが見れます。ココ
さっそく見たのですが、3人が現代、江戸、原始と3つの衣装を身に纏い、
RYDEENを切々と演奏した後3人で飲み。
往年のYMOのユーモラスな笑いを思い出させてくれる展開をしてます。
曲がネット配信されるそうなので、こちらも楽しみです。

YMO6缶デザインパックも出るらしく、釣られて買ってしまいそうです。
その前に曲をダウンロードですな。

posted by ringo134 at 19:52 | Comment(4) | TrackBack(1) | Sound

2006年11月20日

ロボットが歌うブラジル音楽を楽しむ。

robo_brazileira.gif

TOSHIYUKI YASUDA
ROBO*BRAZILEIRA (reissue)
2,310yen(tax in)
2000.7.20 released

隠れた名曲を紹介し続けて十数年(?)のラジオ番組
RadioFreedomFMで紹介されていた曲が気に入って購入したのがこのCD。
「ロボットがブラジル音楽を歌う」というのが、コンセプト。
ロボットボイスと弾むようなボサノバの旋律が気持ちいいです。
僕がお気に入りは、2曲目のDECOR SAMBAと6曲目のDAY-TO-DAY。
どちらもエレクトロ・ポップでとてもノリノリになれます。
アルバムの全曲の一部が試聴できます。
■ここ
(クリックするとプレイヤーが立ち上がって音が出るのでご注意を)
購入は安田さんのレーベル「MEGADOLLY」で可能っす。
名盤の予感。


別記:アドレスバーのところに表示される小さいアイコンを作って
   付けてみました。IEではうまく見れないようですが、
   FireFoxやsafariでは見えるようです。
posted by ringo134 at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sound

2006年03月10日

自然の音達に触れ合う旅

soundbum.gif

Sound Bum

音を聴いたり録音したりして自然に
触れ合う旅をして、そのレポートを
公開しているサイトです。

今は西表島の音をネット中継で
リアルタイムに聴くことができます。

鳥の泣き声が聴こえていたのが、
やがて雨がふってきて雨の音と
虫の音が聞こえてきました。

パソコンをそのままにして、
床につくのは最高のChilloutかもしれません。

以前サウンド・バムの報告会に参加しました。
パイオニア本社の試聴室で聴かせて
いただいた旅の音は、部屋を暗くして
聴いていると本当に目の前にその音源が
あるような不思議な体験でした。
さすがの音響設備だと関心させられました。

またスタッフの方もやさしく音に
大変なこだわりを持つ職人さんばかりで
こういう人たちが、贅沢な時間の
使い方を知っているんだなぁと思いました。
posted by ringo134 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sound

2006年03月07日

ringo名義

ringo.jpg

Plantation/ススムヨコタ
1,890yen
Sublime Records

ススム・ヨコタのringo名義のミニアルバム。
アルバム名どうり各トラックに「ツクシ」や
「スミレ」など植物のタイトルが付けられています。

トータルタイムは40分に満たないながら、
ヨコタ氏のスタイルが確立されていくことが
うかがえる、名アルバムです。

彼の作品の中でも全トラックがポップで
明るい部類のアルバムに当たります。
"mitsuba"、 "renkon"、"ringo" など
カラフルに彩られたトラックもあれば、
"keyaki " や "tsukushi " といったシックな表現も
堪能できる楽しいアルバムで飾られています。

posted by ringo134 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sound

2005年10月20日

微笑み返し、してます?

i-dep.jpg


Smile Exchange
i-dep
2005/07/20 RELEASE
2600 yen(taxin)

昼休み、ふらりと寄ったCDショップで試聴したときに
すぐにその音に虜になり即購入したCDです。

帯の文言は、
「ディライトなグルーヴが世界をめぐる!
  アモーレなグルーヴがココロを躍らせる!」と(謎
秋の夜長ドライブにはいいかもしれません。
多少は踊ることも可能かもしれません。

僕のお気に入りは、
「#11 Can I」ですね。
この曲を聞いていると、気持ちよくもやもやしたものが
なくなっていく感じです。そして全体を聞き終えたときに
口元がニッコリとしています。
posted by ringo134 at 22:46 | Comment(5) | TrackBack(0) | Sound

2005年07月26日

「世界遺産に決定。文句なし。」

lust.jpg


Lust
 Rei Harakami
 価格: ¥2,625 (税込)

 と、矢野顕子さんが申しているくらい、いいです。
 今月のヘビーロードはこのCDです。
 渋谷のタワーレコーズで試聴して、身震いする感触と
 刹那さで潤む目を押さえながらレジへ運びました。

 一番好きなのは、細野春臣氏のカバーで
 「owari no kisetsu」です。

 
posted by ringo134 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sound

2005年06月22日

音楽バトン

20050504(033).jpg


tomi姉さんから音楽バトンというのが
まわってきたのでやってみることにします。

■今パソコンに入ってる音楽ファイルの容量

C:\Documents and Settings\....\My Documents\My Music\iTunes
2.17 GB (2,340,497,155 バイト)

■最後に買ったCD
Ruichi Sakamoto / COMICA
MORELENBAUM2+SAKAMOTO /Day In New York
Nobukazu Takemura / MILANO-NOBUKAZU TAKEMURA FOR ISSAY MIYAKE MEN BY N
Pre YMO & VariousArtists / InDo
Nobukazu Takemura / finale
HOODRUM / RE-EDIT

■今聴いている曲

どこへいこう/やらずじまいごーごー(dokoheikou)
Mr.Seabed/Paris Match(PM2)
夜桜/STC(PING-0008 ビート栽培)
Your And My New Watch/G.Rina(サーカスの娘)
WaterFlow (edited)/Art Man(Summer Of Rainbow)

・・・最近のお気に入り5曲ってことで。

■よく聴く曲、または自分にとって特に思い入れのある5曲

A New Field Touch/FreeTEMPO(Oriental Quaint)
希望の轍/サザンオールスターズ(バラッド?)
SwallowtailButterfly〜あいのうた〜/YEN TOWN BAND(MONTAGE)
Love Can Go The Distance/山下達郎(Love Can Go The Distance)
Merry Christmas Mr. Lawrence/坂本龍一(1996)

・・・どれも泣かされた音です。

■バトンタッチする人

momo
Yoshimax
maff
mate

・・・以上の4名へ。
posted by ringo134 at 00:13 | Comment(2) | TrackBack(1) | Sound

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。